国産車の買い方を徹底的にナビゲート!

日本国内には約200前後の車がありますが、効果的な選び方とはどのようなものなのでしょうか。当サイト「国産車買い方ナビ」では、国産車の買い方を誰でも簡単にわかりやすくナビゲートしていこうと思います。

車選びは「用途・予算・好み」で選ぼう!

実際に車選びとなると、車が絶対ほしくて買うという人は、生粋の車好きでない限りいないと思われます。やはり特定の用途があって車を購入することになるのではないでしょうか。

まずは「用途」を検討して車種を特定しよう!

まず利用の用途を決めましょう!ファミリー向けであればミニバンであったりワゴンであったりといった具合です。特に、ファミリーで利用する場合には試乗会など家族で出かけて意見を交換するのがとても有意義です。旦那様だけでなく奥様も運転する場合には、双方が運転を経験するのは重要です。
いずれにしても、用途によって車種を大まかに決めてしまうことが車選びの第一歩になります。

次は「予算」でどのグレードを買うのか検討しよう!

どんなに良い車でも、先立つ予算がなければ買うことができません。どの程度、支出できるのか。こういったことはディーラーなど販売店に行く前に事前に決めておきましょう。ローンを組むこと自体は難しくないことが多いのでディーラーなどでセールストークにのせられて思ったよりも多く支出してしまった!ということは珍しくありません。何事も交渉においては、限界を決めて検討することが良い結果を生むことになります。
どの程度車にお金を使うことができるか。用途によって決まった車種のグレードを選ぶ(場合によっては低い予算のため選べない)ことが満足のいく車選びになると思います。

やはり最後は「好み」

車は各メーカー同じようなラインナップで販売していますが、外見や中身は思ったよりも性格が異なります。私の印象では、トヨタは中身も外見もある程度の水準であります。またマツダは中身や外見よりも走行性能や走行のフィーリングを大切にしているように思います。そのため、何度もディーラーなどに足を運んで、納得のいくまで選びきるのが後悔しない選び方となります。

モデルチェンジも考慮に入れてください!

最後に、せっかく買った車がすぐ型遅れになってしまった!ということが多々あります。特に車をあまり知らない方にこういったことが多いです。車のモデルチェンジは定期的に行われていて、全てを大きく変える場合と小さな変更を繰り返すといったものになります。特にモデルが古くなったものについては大きくモデルが変わる場合がありますので販売店などでご相談の上、慎重に買うことをオススメします!

サブコンテンツ

このページの先頭へ